天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

青梅線パワースポット巡りの旅⑬ まとめ

 

パワースポット! 

パワースポ ッター!!
パワースポッテスト!!!
より強いパワースポットを求めて全国を旅します!

 

パワースポットとは何か?
ウェブを見れば、それこそ風水師、占い師、スピリチュアル・カウンセラー、パワースポット・マニア・・・等、さまざまな立場の方が独自の定義をもっておられるようです。
このわたしも定義をもっていて、その定義は「与えられた限りある命を、精一杯生きていく上で、そのエネルギーを充電できる場所」というもの。具体的には、「こめかみ辺りに、キーンという痛みがくる場所」を指します。この感覚はわたし独自のものであり、ほかに聞いたことがないのですが、その能力にはかなり自信をもっているのです。
そんな(自称)第一級パワースポット鑑定士が「年間100ヵ所」を目指してパワースポット巡りをおこないます。

 

 

青梅線パワースポット巡りの旅」も一旦終了となります。だからといって、もう二度と訪れないという話でもありません。せっかく、すばらしいパワースポット、すばらしい景観に出会えたのですから、機を見てちょくちょく訪れたいと思います。場所も近いことですし。

最後に「まとめ」として、「印象に残ったパワースポット」「印象に残った景観」「おすすめしたい順路」を挙げてみました。長い旅の間を、おつきあいしてくださいまして、ありがとうございました。

 

奥多摩駅 2020/03/20

奥多摩駅・再訪 2020/03/21

白丸駅 2020/04/10

白丸駅・再訪 2020/04/11

古里駅 2020/04/18

東青梅駅 2020/04/20

河辺駅 2020/04/29

小作駅 2021/02/16

羽村駅 2021/02/21

福生駅 2021/02/23

日向和田駅 2021/02/24

日向和田駅・再訪 2021/03/06

 

 

印象に残ったパワースポット①

 青梅線沿線最強だったのは、ここでした「神明社」です。境内には空間がねじ曲がっているような感覚があり異空間になっていました。もう一度行きたいか?と尋ねられると・・・ちょっと躊躇してしまいますな(苦笑)

 

 <そして、境内に足を踏み入れると、ぐわっとまるで空間がねじ曲がっているような異様な感覚がきました。

 f:id:akira-kami:20120310152254j:plain

<とくに、鎮守の森からは異常なねじれたような感覚がきます。おそらくこの森も「霞丘陵自然公園」の一部。ということは、「本当にすごいのはこの自然公園」ってことですかね。

f:id:akira-kami:20120310152521j:plain

 パワースポット巡り(742)~(748)河辺駅青梅線パワースポット巡りの旅⑦】より 

 

 印象に残ったパワースポット②

また、「長沢公園」も。パワーが強すぎて、空間がねじ曲がっているような異空間ぶりを発揮していました。正直言って、ここで遊ぶ気にはなれませんわ。

 

  <進んでいくと、超強力なパワースポット公園を発見しました。パワースポットに来ると「こめかみ辺りにキーンとくる痛み」を感じるものですが、ここはそれを通り越して「キンキンとくる痛み」が感じられます。

f:id:akira-kami:20210220094151j:plain

<とくに、この範囲で強くきます。その異質さは「空間がねじれて魔空間になっている」ように感じられるほどでした。パワースポットになっている公園では、子供たちを遊ばせて「遊びながらパワーを吸収させること」を推奨しています。しかし、ここまで異質に強いと、どうでしょうか。あんまりお薦めできませんね。

f:id:akira-kami:20210220094434j:plain

 パワースポット巡り(821)~(824)福生駅【青梅線パワースポット巡りの旅

⑩】より

  

印象に残ったパワースポット③

丹生神社の境内に建っていた祠」。苔むす感じがとってもすてきで、古詫びた雰囲気が好きな向きにはたまらない写真がとれました。「印象に残った景観」に分類したほうがよかったかも。

 

<拝殿の左手奥にまわったら、苔むした美しい小さな祠がありました。そこには「いいこと あると いいね」と書かれていました。それが、ぼくへの伝言のように感じられ、たいへん有難く感じられました。待ち受け画面に使うといいことが起こりそうだし、勇気づけられそう~。

f:id:akira-kami:20120225173648j:plain

 パワースポット巡り(732)~(736)古里駅青梅線パワースポット巡りの旅⑤】より 

  

印象に残った景観①

 なんといっても、ここでしょう。「塩船観音寺のつつじ」たち。この写真を見れば一目瞭然じゃないでしょうか。かわいくてたまりません~

 

<裏手に回って、こちらが誇る名所「つつじ園」へ。「つつじ」って聞くと、昔から庭で普通に咲いているやつなんで、「鑑賞するお花」のイメージがありません。でもこうやって、プロが育てた観光名所の花は本当に鮮やかで美しい。

 ぽこぽこぽこぽこ~

f:id:akira-kami:20120310153952j:plain

< ぽこぽこぽこぽこ~

f:id:akira-kami:20200426115048j:plain

< すごい迫力、そしてかわいいです。満開の時期に来てみようと思います。

f:id:akira-kami:20200426121213j:plain

パワースポット巡り(742)~(748)河辺駅青梅線パワースポット巡りの旅⑦】より 

  

印象に残った景観②

人工の「白丸湖」。ここには、ぜひまた訪れてみたいなあ。エメラルドグリーンの湖面に吸い込まれる感覚がありました。

 

<駅から20分ほど歩いて着きました。お目当ての「数馬峡橋」から見える絶景です。やっぱり期待していた通り、青空のほうが水面が映えます。

f:id:akira-kami:20120224153611j:plain

 パワースポット巡り(727)~(730)白丸駅青梅線パワースポット巡りの旅③】より

 

 印象に残った景観③

地表を降下する巨大なパイプ」。これを目の前で見たときは圧倒されました。水力発電所の施設だったっけ。

 

<トンネルを抜けると集落にでました。その先にすごい光景が。なになに、あのパイプは。

f:id:akira-kami:20120218161522j:plain

 パワースポット巡り(727)~(730)白丸駅青梅線パワースポット巡りの旅③】より

 

印象に残った景観④

あと、こんなのもー、

愛宕神社のある信仰の山で「誘惑してくる違和感だらけのフシダラな女体像」(笑)

 f:id:akira-kami:20120128152740j:plain

 f:id:akira-kami:20120128153117j:plain

 パワースポット巡り(723)~(725)奥多摩駅青梅線パワースポット巡りの旅①】より

 

 

印象的な場面

 パワースポット巡りをしていると、偶然、普段ではなかなかお目にかかれない場面に遭遇することがあります。これもそんな一コマ。

 

<「気持ちよく 日向ぼっこしている、いま生を謳歌している蛾と、その背後にあるカマキリの卵」・・・というとってもシュールな場面に遭遇。生き物の「生と死が背中合わせに存在している自然界の摂理」が見事に表現されていました。

いつまでもそうしていると、食べられちゃうぞ~

f:id:akira-kami:20210220105729j:plain

パワースポット巡り(821)~(824)福生駅【青梅線パワースポット巡りの旅⑩】より 

 

 

おすすめパワースポット・コース

 これは、もう「羽村駅」のコースでしょう。全国的にみてもおすすめできる「トップクラスのパワースポット巡りの旅」ができます。ぜひ、この日の日記を読んでみてください。物語の中心は、もちろん私財をつぎ込み54年かけて玉川上水を開通させた玉川兄弟ですが、その他にも胸を打つパワースポットが満載ですよ。このブログが発端となって、巡られる方が増えれば嬉しいです。

 f:id:akira-kami:20210214142131j:plain

f:id:akira-kami:20210214121146j:plain

 f:id:akira-kami:20210214132540j:plain

 パワースポット巡り(813)~(820)羽村駅  【青梅線パワースポット巡りの旅⑨】

 

 

《おわり》