天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

パワースポット(731)白丸駅・再訪  【青梅線パワースポット巡りの旅④】

 

パワースポット!
パワースポ ッター!!
パワースポッテスト!!!
より強いパワースポットを求めて全国を旅します!

パワースポットとは何か?
ウェブを見れば、それこそ風水師、占い師、スピリチュアル・カウンセラー、パワースポット・マニア・・・等、さまざまな立場の方が独自の定義をもっておられるようです。
このわたしも定義をもっていて、その定義は「与えられた限りある命を、せいっぱい生きていく上で、そのエネルギーを充電できる場所」というもの。具体的には、「こめかみ辺りに、キーンという痛みがくる場所」を指します。この感覚はわたし独自のものであり、ほかに聞いたことがないのですが、その能力にはかなり自信をもっているのです。
そんな(自称)第一級パワースポット鑑定士が「年間100ヵ所」を目指してパワースポット巡りをおこないます。

 

 

今朝起きたら、窓から真っ青な空が見えました。本来ならば、「青梅線パワースポット巡りの旅」を、先週巡った「白丸駅」のとなりの駅でやろうと考えていました。が、急遽変更して再び白丸駅へ行くことにしました。

といいますのも、「数馬峡橋」から見える風景がすばらしかったのですが、あの日はあいにくの雨。「天気がよかったらもっとすばらしい景色だったろう」「もっといい写真が撮れただろう」と、ずうっと考えていたのです。

そんな心境に、この日はお誂え向きの天気。いても立ってもいられなくなって、早速、JR南武線に乗り込み再び白丸駅に向かいました。

 

JR南武線・西府駅から1時間ほどで「白丸駅」に着きました。駅からすこし坂を登ったところから撮ってみました。やっぱりいい天気だと映えます。これは楽しみ。

 f:id:akira-kami:20200411112320j:plain

 

先週と同じ順路で歩いていきます。先週は気づかなかったのですが、こんな写真ポイントがありました。トンネルから青梅線が出てくる場面なんて、けっこういいんじゃないですか。

f:id:akira-kami:20120224152436j:plain

 

駅から20分ほど歩いて着きました。お目当ての「数馬峡橋」から見える絶景です。やっぱり期待していた通り、青空のほうが水面が映えます。すばらしいー。

f:id:akira-kami:20120224153611j:plain

 

(こちらが先週のやつです)

f:id:akira-kami:20120218155039j:plain

 

ここからも、先週と同じ順路を巡ることにしました。

 

先週巡った中で一番のパワースポットだったこちら。橋を渡り切った先にある案内板です。今日もさすがの強さ。

f:id:akira-kami:20120224153743j:plain

 

左が巨石でできた岸壁、右が多摩川の「数馬峡遊歩道」。こちらも、晴天のほうが風景として映えます。

f:id:akira-kami:20120224154020j:plain

 

<あっ、電柱の横の木のてっぺんに「ツぺツぺ」がいる!(「ツぺツぺ♪」と鳴くシジュウカラを、ぼくは勝手に「ツぺツぺ」と名づけています 笑)

ズームで狙って・・・

f:id:akira-kami:20120224160113j:plain

 

カシャ!

<よっしゃー、今週は前からの姿をきっちり撮れたぞー!

<ツぺツぺツぺ!(負けたぜ、腕を上げたな。おめでとー)

f:id:akira-kami:20120224155939j:plain

 

あの巨大なパイプを仰ぎ見ます。ほんとすごい迫力。水力発電所関係の施設のようです。ウォーターチューブだったら面白かったのに。

f:id:akira-kami:20120224163155j:plain

 

先週、その横を通った「カタクリ山」に登ってみました。山といっても、丘のような感じ。

f:id:akira-kami:20120224163340j:plain

 

あの巨大パイプ、下をくぐれるようです。でも、そっちには行かずカタクリ観察を。

f:id:akira-kami:20120224163838j:plain

 

確かに、清楚で和な花があちこちに見られます。

f:id:akira-kami:20120224164051j:plain

 

f:id:akira-kami:20120224164427j:plain

 

先週、巡ってきたところだけではありません。駅周辺にある新たなパワースポットも見つけて巡ってきました。

駅前から「川合玉堂も愛した白丸散策コース」という案内板をたどり、民家の間を10分ほど行くと、

f:id:akira-kami:20120224180458j:plain

 

神社が見えてきました。

f:id:akira-kami:20120224180614j:plain

 

「元栖神社」という神社のようです。東京にあるとは思えない古さびた古社の雰囲気。境内全体から「パワースポット特有のこめかみ辺りにキーンとくる痛み」がきます。

f:id:akira-kami:20120224181207j:plain

 

とくにくるのが、「拝殿」右奥の「熊野社」、「稲荷社」、お神輿なんかが収められていそうな「格納庫」辺り、

f:id:akira-kami:20120224181008j:plain

 

「神楽殿」「ご神木」辺りになります。

f:id:akira-kami:20120224181143j:plain

 

先週巡った「大山祇神社」といい、こちらといい神楽殿の立派さが目につきます。郷土芸能が盛んな地区なのでしょうか。「山間の村で、ひっそりと郷土芸能が育まれている」なんて浪漫のある話しじゃないですか。周囲を巡っている間も、駅周辺には閉ざされた集落といった謎めいた雰囲気が感じられ、とても気に入りました。またの機会に、再再訪してみようと思います。

パワースポット(731)「元栖神社」