天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

パワースポット巡り(874)パワースポット都市「岩槻」

 

パワースポット! 

パワースポ ッター!!
パワースポッテスト!!!
より強いパワースポットを求めて全国を旅します!

  

パワースポットとは何か?
ウェブを見れば、それこそ風水師、占い師、スピリチュアル・カウンセラー、パワースポット・マニア・・・等、さまざまな立場の方が独自の定義をもっておられるようです。
このわたしも定義をもっていて、その定義は「与えられた限りある命を、精一杯生きていく上で、そのエネルギーを充電できる場所」というもの。具体的には、「こめかみ辺りに、キーンという痛みがくる場所」を指します。この感覚はわたし独自のものであり、ほかに聞いたことがないのですが、その能力にはかなり自信をもっているのです。
そんな(自称)第一級パワースポット鑑定士が「年間100ヵ所」を目指してパワースポット巡りをおこないます。

 

 

10月16日の日記を読んでください。昔、叔母からお札をもらったことのある久伊豆神社を巡りました。それで満足していたのですが、ネットで得た情報によると、同格の久伊豆神社が同じ埼玉県の「岩槻」にもあるのだとか。そっちも気になるので、この休日(10月31日)を利用して巡ることにしました。

 

京王線中河原駅を出発し、南武線分倍河原駅→武蔵野線府中本町駅京浜東北線武蔵浦和駅を経由して大宮駅へ。そこから、東武野田線へ乗り換えます。パワースポット巡りでこの電車に乗るのはおそらく初めて。大宮→春日部→柏→船橋と、埼玉・千葉間の大都市を結ぶ路線なのに、不思議と知名度がない、首都圏随一の不思議ちゃん路線です。 

f:id:akira-kami:20211031090108j:plain


大宮駅から5駅目、10分ちょっとで到着しました。「岩槻駅」です。ウェブで「岩槻城址公園の近くにある」という情報を読んだので、とりあえずはその公園へ向かうことに。

f:id:akira-kami:20211031091849j:plain

 

駅前ロータリーをぐるっと回ると、このような案内がありました。まずは、岩槻の歴史を予備知識としてお勉強しておきましょう。「岩槻は、太田道灌公の岩槻城築城以来の城下町として、また江戸時代には日光御成街道の宿場町として栄えてきた町です」うーん、草加日光街道の宿場町として栄えていたんだっけ、同じだね。「ここは全国一の人形の生産地としても知られています」えー、知らなかったなあ。

f:id:akira-kami:20211031092131j:plain


どうやら、お城を中心に、江戸時代に栄えた「歴史と文化」を引き継ぐ街のようです。振り返って駅舎を見ると、なるほど、お城を彷彿させる意匠。意識してますな。

f:id:akira-kami:20211031092103j:plain

 

県道蒲生岩槻線を歩いていると、確かにあちこちに人形のお店がありました。日本一というのもうなずけます。今では、なかなか厳しい経営環境だと思いますが。

f:id:akira-kami:20211031092258j:plain

 

f:id:akira-kami:20211031092454j:plain

 

途中で、社名の表記されていない社がありました。近づくと「パワースポット特有のこめかみ辺りにキーンとくる痛み」が放たれています。

f:id:akira-kami:20211031092850j:plain

 

「今日の久伊豆神社巡りも無事、成功に終わりますように」ぱんぱん!っと。

f:id:akira-kami:20211031092723j:plain


少し歩いた先に、これまた社名の表記されていない神社が。

f:id:akira-kami:20211031093717j:plain


こちらにも、ぱんぱん!っと。

f:id:akira-kami:20211031093600j:plain


またもう少し歩くと、こちらは表記されている神社、「秋葉神社」がありました。

f:id:akira-kami:20211031094131j:plain

 

f:id:akira-kami:20211031094222j:plain

 

「お面様」。ぜひ、お面(顔)がよくなりますように(笑)ぱんぱん!

f:id:akira-kami:20211031094434j:plain

 

国道16号とぶつかった「東町二丁目」交差点を左に曲がりました。そこにあった「マクドナルド16号岩槻店」へ。こういう店に普段は入らないのですが特別に入ってしまいました。なぜかというと・・・パワースポットだったから(笑)

マクドナルドをパワースポットとして紹介するのは初めてでしょう。2階に上がると、パワーが弱くなってしまうので、1階のドア付近で食べることをお薦めします。チーズバーガー・セットを食べながら充電です。

f:id:akira-kami:20211031100838j:plain

 

胃袋と精神を満タンにして、16号を歩いていきます。すると、階段を上がったところに「元浅間神社」がありました。変わった造りだなあ。

f:id:akira-kami:20211031101238j:plain

 

階段を上がっただけとはいえ、高いところに立つと、辺りを見渡せます。開放的な気分になりながら、ぱんぱん!

f:id:akira-kami:20211031101440j:plain

 

その先に、大きな看板がお目見えしました。そろそろかな。

f:id:akira-kami:20211031103141j:plain

 

矢印の通り左に曲がって歩いていくと、「岩槻城址公園」がありました。公園から、ひりついた痛みがきます。相当のパワースポットとみました。しかし、園内はかなり広めで、きっちり探索する時間はなさそう。残念ですが、また次回来たときに。そのまま通りすぎます。奥に見える、あの真っ赤な真新しい橋をぜひ渡ってみたいですね。

f:id:akira-kami:20211031112029j:plain

 

ウェブで読んだ情報だと公園付近のはずですが、実際はそうでもないようで、しばらく歩いていきます。さきほど見た大きな看板も車で来た参拝者に対するものでした。文明の利器ではたいした距離ではないのでしょう。でも、歩きだとけっこうな距離になるものです。だんだん不安になってきました。

汗をかきかき住宅街を通り抜け、線路をくぐり、何度か行き止まりになって戻ったり、迷いながら歩いていきます。

すると、ようやく見つけました。こちらが「岩槻のほうの久伊豆神社」です。

f:id:akira-kami:20211031114854j:plain

 

参道が真っすぐ続いているのは越谷と同じ。徐々に強まっていく御神氣に期待が高まっていきます。

f:id:akira-kami:20211031115033j:plain

 

越谷には「埼玉神社」があったように、岩槻のこちらには「明戸庚申社」が門番のように鎮座していました。これより先の神域に、入る資格があるかどうか、まるで審査しているかのようです。

御祭神は道案内の神様・猿田彦神ということなので、迷いながらここまで来れたのもお助けがあったのかもしれません。「ありがとうございました」と、ぱんぱん!

f:id:akira-kami:20211031115257j:plain

 

「拝殿」です。七五三を祝う親子連れで撮影会になっていました。華やかでかわいい和装の子供たちを見られる、一年で一番神社が色鮮やかになる期間です。

そのわずかな隙をついてパシャっと。

f:id:akira-kami:20211031120206j:plain

 

f:id:akira-kami:20211031115201j:plain

 

境内のパワースポットは、

 

「神楽殿」。

どこの神楽殿もそうなっていますが、ご多分に漏れず、こちらもそうでした。

f:id:akira-kami:20211031115434j:plain

 

巨木。

御神木には認定されていないようです。

f:id:akira-kami:20211031120829j:plain

 

戦没者の慰霊碑が並んでいるところ」。

お疲れ様でした。

f:id:akira-kami:20211031115741j:plain

 

そして、

恒例の野鳥シリーズ!

なんと・・・クジャク!(笑)なーんて、こんなやつが野鳥としているわけもなく、檻で飼育されていました。

f:id:akira-kami:20130914161014j:plain

 

これで帰ろうとしたところ、このような案内が。「愛宕神社」ですか。ちょっと寄ってみますか。

f:id:akira-kami:20211031121222j:plain

 

どうやら、駅に帰る順路の途中にあるようです。

途中、こんな表式を目にしました。フォントが丸文字でかわいい感じ♡

f:id:akira-kami:20211031123657j:plain

 

着きました。

社務所です。・・・おおっ、(新築で外観が金ピカだからというのもありますが)金ピカの御神氣が強く放たれています!

f:id:akira-kami:20211031123249j:plain


ドーン!

おおっ!

f:id:akira-kami:20211031122830j:plain

 

拝殿からも、お金の匂いがする御神氣が放たれています。これは、すごい!

f:id:akira-kami:20211031123003j:plain

 

また、こちらも強い。

駐車場に並ぶ、一転、武骨な痛みをは放っているパワースポットたち。

f:id:akira-kami:20211031123217j:plain

 

f:id:akira-kami:20211031123156j:plain

 

f:id:akira-kami:20211031123135j:plain

掘り出し物のパワースポットでした。これまで、こちらをパワースポットだと案内している人は、ほぼいないのでは? こんなお金の匂いのする神社に出会えただけでも、遠くまで来たかいがあったというものですよ。「お金持ちになれますように」ぱんぱん!っと。

 

 

岩槻駅の周辺を「パワースポット地帯」として、一つにまとめたほうが本質を掴んで良いと思いました。そこで(874)としてまとめます。正直、この街のことはまるで知りませんでした。他でもパワースポットとして語られる記事を読んだことがありません。このブログを機会に、もっと脚光を浴びてもらえれば嬉しいです。