天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

オオクワ丸

 

昨日に引き続き靴の話をー、

 

 登山用のノコギリ丸を購入したのとほぼ同じ時期に、日常用の靴も購入していました。リーガルのインペリアル・グレードという銘柄です。つけた名前は「オオクワ丸」。なぜ「『オオクワ』丸」なのか?ノコギリ丸と名づけた理由から考えれば、すぐにわかるでしょう。そう、「オオクワガタのような黒色」だからです(笑)

 そのオオクワ丸が2週間の修理を経て戻ってきました。3年間がっつり履き続けてきたため底に穴が開いてしまい、張替えを依頼していたのです。名前をつけるなど、あまりにも「擬人化」してかわいがってきたために、つま先に金属プレートを付けられた姿を見て、「サイボーグ化」されて戻ってきたように思ってしまいました(笑)

 

f:id:akira-kami:20201117163807j:plain

  

 一時期、靴にはまったことがありまして、世界中の有名ブランド靴を求めたことがあります。「『自分の足型にぴったり合う、まるで自分のためだけに用意されたような、世界一履き心地が良い靴』がどこかにあるのではないか?」。そんな中二病みたいなことを考えていました。しかし、いろいろ履いてみてわかったことは、結局、「そのような靴は世界のどこにも存在していない」ということでした。

 がっかりしていたときに、ふと、何かしらの拍子で偶然出会ったのが、このリーガル社の靴でした。リーガルと言えば、そこいらのスーパーでも売られている、日本人なら誰もが知っていて一度は履いたことのある「ふつうの靴」。広い世界に探し求めていて無かったものが、身近な国内の、それも普通の中にあったのです。「『青い鳥』みたいな話しだなあ」と笑ってしまいました。

 

《つづく》