天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

その時がくるのかも・・・

 

♪ この美しい日本列島に

 クワガタ民族と大和民族の美しい共同体を作りたい

 さあ、手をとりあって

 夢の社会を作ろうよ

 おお、われらが国虫会

 栄光の国虫会

 大日本国虫会 ♪


2013年9月、駅前大型スーパーで売れ残っていた可哀想なクワガタを引き取ってやりました。はじめは、可哀想で引き取っていただけでしたが、その魅力にとりつかれていくようになりました。そのうち、日本に「国虫」が決まっていないことに気づき、この魅力あるクワガタを「日本の国虫にしよう」という高い志をもつようになりました。そして、ついに、その志を遂げるべく「国虫会」を結成しました。総裁をはじめ要職にはわたしが就き、国民運動を巻き起こしたいと考えております。どうか、ご参加のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

現在、国虫会の会員クワガタたちは「越冬」態勢に入っています。「冬眠」ではありません。この越冬というのが曲者なのです。

仮死状態になる冬眠とは違い、極力体力を抑えるためにじいっと固まっているだけで、暖かい日がくると、もぞもぞ動きだしたりするのです。動き出せばお腹も空きます。なので、エサが必要なのかどうか、ちょくちょくケースを覗いて確認しないといけないんですよ。

そんな昨日。古事記累代「ニニギ」のケースを覗いたら、どうも動きがおかしい・・・。越冬のぎこちない動きではなく、命の炎が尽きようとしているぎこちなさを感じました。

f:id:akira-kami:20220207223121j:plain

 

もしかすると、その時がくるのかもしれません。どんなに強い者でも、必ずくるもの。この世に生きる者ならば、すべてに等しくやってくるやつが・・・。

まあ、覚悟はしておきましょうか。