天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

パワースポット巡り(772)烏山神社

 

パワースポット! 

パワースポ ッター!!
パワースポッテスト!!!
より強いパワースポットを求めて全国を旅します!

 

パワースポットとは何か?
ウェブを見れば、それこそ風水師、占い師、スピリチュアル・カウンセラー、パワースポット・マニア・・・等、さまざまな立場の方が独自の定義をもっておられるようです。
このわたしも定義をもっていて、その定義は「与えられた限りある命を、精一杯生きていく上で、そのエネルギーを充電できる場所」というもの。具体的には、「こめかみ辺りに、キーンという痛みがくる場所」を指します。この感覚はわたし独自のものであり、ほかに聞いたことがないのですが、その能力にはかなり自信をもっているのです。
そんな(自称)第一級パワースポット鑑定士が「年間100ヵ所」を目指してパワースポット巡りをおこないます。

 

 

 京王線を使っているとわかると思いますが、近年、「千歳烏山駅」での乗降客数の上昇には目を見張るものがあります。だからでしょうか。「準特急」までもが停車するようになりました。過去の経験から、そういう発展には、パワーを注ぎ込む裏から支えるパワースポットがあるもの。気になるので、千歳烏山駅周辺でパワースポット探索をしてみることにしました。

 

 到着しました。千歳烏山駅です。南口にある周辺案内図を見て確かめます。どうやら右手を行った、歩いてそんなに時間がかからないような場所に神社の標識「⛩」がでていました(社名は書かれておらず)。そこに行ってみましょう。

 ・・・それにしても。駅南口に漂う痛みといったら。パワースポットだと、「こめかみ辺りにキーンという痛み」がきます。しかし、それとは異質な「重苦しい痛み」がくるのです・・・。

f:id:akira-kami:20201003151602j:plain

 

 気分をとり直して、駅南口に広がる商店街を歩いていきました。京王線の他の中核駅と比較すると、「聖蹟桜ヶ丘駅」よりも規模が大きく、「調布駅」「府中駅」と同等といったところでしょうか。いずれにしても、京王線沿線ではトップ級の大規模な商店街です。大型スーパー、あらゆる種類の飲食店、趣味性の強い雑貨店から一般的な小売チェーン店まで揃っているので、駅周辺で生活すべてを網羅できそう。

 ・・・しかし、また気になる点も。すれ違う買い物客の表情が一様に暗いのです。府中駅の商店街を歩いている笑顔いっぱいの買い物客とはまるで違うのです。「なんで、みんなこんなに苦痛に満ちた表情をしているのだろう?」そんな疑問を持ちつつ、地図を示す道を歩いていきました。

f:id:akira-kami:20201003153844j:plain

 

 調布駅に「布多天神」が、府中駅に「大國魂神社」が、聖蹟桜ヶ丘駅に「小野神社」が控えているように、千歳烏山駅にも強力な守護神が控えておられるのか。進んでいきます。

 ただ、ここでも気になる点がありました。住宅街の細い道路を歩いていたのですが、どうも裏道になっているようで、ものすごい速度で配送車が走り過ぎたり、高級外車がクラクションを鳴らしながら通行人を蹴散らすように通り過ぎるのです。これでは、気分よく歩くことなどできません。

 

 さあ、着きました。こちらは、「烏山神社」というようです。

f:id:akira-kami:20201003152437j:plain

 

 期待の強さはというとー、これはすごい!痛みがガンガンきてます。ただ、その強さが、「まるで、空間がよじれている異空間にいるような」感じなのです。「うーん、なんか異質なパワースポットだなあ」と、とまどいながら拝殿にご挨拶を。ぱん!ぱん!っと。

f:id:akira-kami:20201003152709j:plain

 

 とくにくるのは、神輿泰安庫、

f:id:akira-kami:20201003152644j:plain

 

 拝殿向かって左手奥にある神社、 

f:id:akira-kami:20201003152848j:plain

 

 そして、こっち側の鳥居の周辺(近くにある招魂碑からなのかも)になります。人を選ぶ神社とは思いますが、強さだけでいえば一級のパワースポットでしょう。

 f:id:akira-kami:20201003152321j:plain

  

 

 千歳烏山駅南口もそうだったのですが、この周辺にもどこか「重苦しい痛み」が渦巻いていて気になりました。それは、パワースポットの痛みとは真逆な痛みになります。そこで、千歳烏山駅に戻らず、そのまま道なりに歩いていくことにしました。

 

 UR都市機構の団地を通ったところから、重苦しさが一気に高まりまして、不安を掻き立てられるほどでした。ここに住む人は気をつけないと・・・。

f:id:akira-kami:20201003154726j:plain

 

 歩き続けると、どんどん、どんどん、重苦しい痛みが強くなっていきます。そうこう感じているうちに、驚いたことに隣駅の「芦花公園駅」が見えてきました。千歳烏山駅から、10分ちょっとしか離れていないんですねえ。普段から各駅停車に乗っていないと気づかないでしょう。

 芦花公園駅といえば、京王線を使っていればわかりますが、とても人身事故が多い駅。嫌なところに来ちゃったなあ、と思いながら歩いていきます。

 そのとき、ちょうど踏切が「開かずの踏切」状態になっていました。開いた瞬間、閉まる前に渡ろうと、歩行者も自転車も自動車も我先に走りだすので、とても危ない状況ですれ違うことになります。そのときの皆さんの表情には、楽しさや余裕などが消えうせ、当然ながら、いい気分にはなりませんでした。

 重苦しい痛みを発する土地と、こういう人の心理が相まって、不幸を呼び起こす(あるいは、引き寄せる)駅になってしまったのかもしれません。

f:id:akira-kami:20201003155212j:plain

 

(どんなに発展していても、千歳烏山駅芦花公園駅周辺には住みたくないと思いました。それにしても、この土地はどんな歴史があるのか?何かあったのか?興味がわいてきました。機会があったら、詳しく探索してみようと思います。)