天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

パワースポット巡り(776)「分倍河原駅」周辺

 

パワースポット! 

パワースポ ッター!!
パワースポッテスト!!!
より強いパワースポットを求めて全国を旅します!

 

パワースポットとは何か?
ウェブを見れば、それこそ風水師、占い師、スピリチュアル・カウンセラー、パワースポット・マニア・・・等、さまざまな立場の方が独自の定義をもっておられるようです。
このわたしも定義をもっていて、その定義は「与えられた限りある命を、精一杯生きていく上で、そのエネルギーを充電できる場所」というもの。具体的には、「こめかみ辺りに、キーンという痛みがくる場所」を指します。この感覚はわたし独自のものであり、ほかに聞いたことがないのですが、その能力にはかなり自信をもっているのです。
そんな(自称)第一級パワースポット鑑定士が「年間100ヵ所」を目指してパワースポット巡りをおこないます。

 

 

 20数年前から多摩地区をチェーン展開している美容室に通っています。長年の担当者が他店舗に異動することになり、客のわたしもいっしょに異動が決まりました(その展開は前回と同じ。下記に貼っておきます)

 今日はその店舗にはじめて通う日でした。これから長い間お世話になる土地には、まずそこのパワースポットへ挨拶に伺うのがわたしの流儀となります。そこで、少し早い時間に行って、周辺をパワースポット探索することにしました。

 ・・・とはいっても、そこは隣駅「分倍河原駅」。過去、近場でパワースポット巡りしたことが何度もあります。でも、駅前をうろつくのは意外とはじめてかも。

 

 駅を降りて、ロータリーに出ると、そこには「パワースポット特有のこめかみ辺りにキーンとくる痛み」でいっぱいでした。とにかく、「土地のパワーがとてつもなく強い」ようです。これは楽しみ。

 ロータリーには「新田義貞公像」が建っていました。この辺りは、新田義貞北条泰時を破り、鎌倉幕府滅亡に導いた天下分け目の「分倍河原合戦」の場所だからでしょう。強い男には憧れてしまいます。まずは、義貞公様にご挨拶を。「これから月一、通いますのでよろしくお願いいたします」ぱん!ぱん!っと。

f:id:akira-kami:20201010140849j:plain

 

 さて、「どこかに守護神的な神様がおられないかなあ」と思いながら「かえで通り」に出ました。すると、すぐのところに目につく鳥居が。

 「稲荷大明神」としか書かれていない小さな神社がありました。小さいけれど、「パワーの強い土地」に鎮座する神社らしく、けっこう強めの存在感があります。東芝の敷地内の隅にあるので、この会社と関係があるのかもしれません。「今後ともよろしくお願いいたします」ぱん!ぱん!

f:id:akira-kami:20201010140610j:plain

 

 そのまま、かえで通りを歩いていきます。すると、そこに「パワーの強い土地でよく見かける施設」がありました。それは「税務署」(笑)「税金逃れはいっさい見逃しませんよ」という強い意志の表れでしょうか。この辺りの事業者には戦々恐々なパワースポットですね。

f:id:akira-kami:20201010160224j:plain

 

 さらにまた、「パワーの強い土地でよく見かける」施設がありました。それは、「果樹園」(笑)ここで収穫される果実や農作物にはパワーが養分として含まれています。売りに出されていたら即買いですよ。

f:id:akira-kami:20201010160455j:plain

 

 そのまま進んで、「中央道側道」にぶつかるところまで来ました。そこに、小さくてかわいい神社がありました。出来て間も無いと見える石材の鳥居が、かわいらしさに拍車をかけています。「六大天」とのみ表示されていました。「これから、よろしくお願いします」ぱん!ぱん!

 脇の自販機で、六大天様のパワーをたっぷり含んだジュースを買いましょう。

f:id:akira-kami:20201010160814j:plain

  

《つづく》

 

 

【旧ブログより】

パワースポット巡り(522)溝合神社(東京都府中市  2018/02/18

 多摩地区にチェーン展開している最寄り駅の美容室に通って二十数年が経ちました。歴代担当者もいまの女性で七代目か八代目になります。

 その担当者が4駅先にある多磨霊園駅の駅前店舗に異動が決まりました。そのことを伝えられた時に、「長い間ありがとう。で、つぎの担当者は誰になるの?」って聞こうとしたら、「だから、こうやまさんも、わたしといっしょに向こうへ異動ね!」などと、まさかの同時異動通告を受けるはめに・・・。

 家から歩いて通える近さが良かったのに、多磨霊園駅ともなると、京王線で移動しなければなりません。ただまあ、勝手の知ってる人に切ってもらうほうが安心かなあ、という訳でぼくも異動を決意しました。

 

 その初日。知らない土地で、これから長くお世話になる場合、まずは「近場のパワースポットに御挨拶をする」のがぼくの流儀になります。予約時間の前に駅に着いて、パワースポット探索をしてみることにしました。 

 まずは、駅の北口側から。あったのは「染屋不動尊」と「上染屋八幡神社」でした。こちら二社は、すでに日記で報告しているパワースポットになります。勝手に「パワースポット界のお染めブラザース」などと失礼なあだ名をつけていました(2013年8月6日を読んでください)。境内に入ると、あのときと同じく「パワースポット特有のこめかみ辺りにくる痛み」が、ぐわんぐわん揺れるというか、お酒を飲んで酔ったような独特の痛みとなってきました。 

 

「染屋不動尊

 

「上染屋八幡神社

 

 

 つぎに、南口側へ。すると一ヵ所、なかなかのパワースポットがありました。「溝合神社」というようです。道路がⅤ字になっている先にちょこんと鎮座していました。小さな神社なのですが、「パワースポット特有のこめかみ辺りにくる痛み」がキツメに「ガンガン響く」ような痛みになってきます。北口側の二社とは、まったく違う性格をもつ神社のようです。

 「これから、月一でこの土地に伺わせていただきます。どうぞ、よろしくお願いします」と頭を下げて、ぱんぱん!としました。

 パワースポット(522)「溝合神社」

 

 そろそろ予約時間に近づいたので、お店に行ってみると、店名のネオン管が大部分で切れていました。お店の名前が、「ンピ占」という怪しい占いの店になっていました(笑)