天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

パワースポット巡り(773)~(775)南八幡神社、松木峰ヶ谷戸公園、北八幡神社(甘酒不動尊)

 

パワースポット! 

パワースポ ッター!!
パワースポッテスト!!!
より強いパワースポットを求めて全国を旅します!

 

パワースポットとは何か?
ウェブを見れば、それこそ風水師、占い師、スピリチュアル・カウンセラー、パワースポット・マニア・・・等、さまざまな立場の方が独自の定義をもっておられるようです。
このわたしも定義をもっていて、その定義は「与えられた限りある命を、精一杯生きていく上で、そのエネルギーを充電できる場所」というもの。具体的には、「こめかみ辺りに、キーンという痛みがくる場所」を指します。この感覚はわたし独自のものであり、ほかに聞いたことがないのですが、その能力にはかなり自信をもっているのです。
そんな(自称)第一級パワースポット鑑定士が「年間100ヵ所」を目指してパワースポット巡りをおこないます。

 

 

 今日は所用があって京王相模原線「南大沢駅」へ出かけることになりました。せっかくなので、一つ手前の「京王堀之内駅」で降りて、パワースポット巡りをやることにしました。

  先立ちまして、まずはおさらいをー。

 京王線には新宿駅から京王八王子駅を繋ぐ本線の他にいくつか支線があります。その中で最大なものが、「調布駅」から分かれて「橋本駅」まで行く「京王相模原線」です。昭和30年代~40年代に、相模原市・八王子市・多摩市らと京王電鉄が推し進めた住宅地開発「多摩ニュータウン計画」に基づいて開業されました。

 全12駅ある中で、京王堀之内駅は微妙な立ち位置にあります。小田急多摩線多摩都市モノレールと相互乗換駅であり、多摩ニュータウンの中心地として位置づけられている(だから駅名に『センター』がつく)「京王多摩センター駅」と、三井アウトレットパーク東京都立大学があり活気づく「南大沢駅」に挟まれており、何の取柄もない地味な駅という位置づけなのです(しつれい)。

 ぼくも、両駅には何度も降りたことがあるのに、こちらの駅は初めて。正直、大丈夫なのかな?パワースポットがあるのかな?などと、少々不安な気持ちで降り立ちました。

f:id:akira-kami:20201004095613j:plain

 

 まずは、いつものように駅前の周辺地図でそれらしい場所を確認します。駅のすぐ手前に「南八幡神社」が、少し歩いて川を渡った先に対をなすようにして「北八幡神社」があるようです。「南」対「北」、これは面白そう~。

f:id:akira-kami:20201004085240j:plain

 

 まずは、近場の「南」の方から。「パワースポット特有のこめかみ辺りにキーンとくる痛み」がきます。

 ただ、地元の有志の方たちが清掃作業をしているので、邪魔をしちゃいけない(不審に思われちゃいけない)、ということで境内をくまなく探索することができず。

f:id:akira-kami:20201004095834j:plain

 

 拝殿に、「今日のパワースポット巡りも成功しますように、よろしくお願い申し上げます」と頭をさげて、ぱん!ぱん!っとするにとどめました。

f:id:akira-kami:20201004100023j:plain

パワースポット(773)「南八幡神社」

 

 本来なら、「京王堀之内駅入口」交差点を右に曲がって「北」の方に向かうのですが、真っすぐ進んだ奥に、公園のような木の並びが見えました。そして、その方向から、長年の経験によって鋭敏に研ぎ澄まされた、ぼくの「パワースポット感性」がとてつもないものが放たれていることを探知しました。「あそこには、ただものじゃない何かがあるぞ!」と。 

f:id:akira-kami:20201004085957j:plain

 

 駆けつけてみると、そこにあったのは「松木峰ヶ谷戸公園」という公園でした。一歩足を踏み入れると、そこはもう、まるで「魔空間」。すざまじい氣力で空間が捻じ曲げられているようで、とても危険な感覚を受けました。「キケン!キケン!キケン!」と、ぼくの本能にある緊急防衛装置が作動し、あえなく這う這うの体で逃げ出すことに・・・。

 いつもなら、「ここで子供を遊ばせると、パワーを浴びて元気で丈夫な子に育ちますよ」とか書くのですが、やめておいたほうがいいでしょう。魔空間に引き込まれ、神隠しのような状況になるかもしれないんで(さすがに、それはないか)。

f:id:akira-kami:20201004090218j:plain

 

 周囲をぐるっと回ってみたところ、裏側のこの辺りが一番強いかも、です。

f:id:akira-kami:20201004090929j:plain

パワースポット(774)「松木峰ヶ谷戸公園」

 

 本来の順路に戻りました。平山通りを進み、野猿街道を突っ切り、「大栗川」を渡ります。先週、多摩市の「新大栗橋」を渡ったときとは比べものにならないほどのチョロチョロさです。ここまでは、まだこんな感じなんですねー。

f:id:akira-kami:20201004100901j:plain

 

 さあ、到着しました。登っていきますよ~。

f:id:akira-kami:20201004101227j:plain

 

 これぐらい、楽勝、楽勝~。高台にあるので境内には開放感があります。

f:id:akira-kami:20201004101440j:plain

 

 勝手にぼくの頭の中で、「南」対「北」の「南北対決」を煽っていたのですが、実際はそんなことなくて(当たり前ですけど)、超然とした雰囲気のパワースポットでした。

 最初は、堀之内駅周辺ということで心配していたのですが、いいパワースポットと出会えて楽しい時間を過ごせました。「日本は世界一のパワースポット地帯」と、何かの雑誌で読んだことがことがあります。ほんと、どの駅に行っても必ず何か所かあって、あながち手前味噌な表現ではないと思いました。「ありがとうございました」ぱん!ぱん!っと。

f:id:akira-kami:20201004101719j:plain

 

 さあ、十分満足したところで帰ろうとしたときに、境内のすみっこにお堂があるのを見つけました。何かと思って近づいてみると、そこには・・・

 なんと、「甘酒地蔵尊」!「甘酒飲んで、早寝早起きして、150歳まで生きよう運動」という全国国民運動を指導している身として、ここはしっかり参拝しておきたいところ。「お力添えをよろしくお願いいたします」と頭を下げてから手をあわせました。

f:id:akira-kami:20201004101850j:plain

 

 初詣の参拝客に振舞っているという甘酒を、今度飲んでみたいですね~。

f:id:akira-kami:20201004101856j:plain

パワースポット(775)「北八幡神社(甘酒地蔵尊)」

 

 高台になっているので遠くまで見渡せます。あそこに見える団地が多摩ニュータウンの一角。最近のニュースだと、二世の若者が他所に出てしまい、残された老人による高齢化が問題になっているのだとか。行く末はどうなるのでしょう?こちらのようなパワースポットが力を添えてくれればいいんですけど。

f:id:akira-kami:20201004101504j:plain