天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

山形 秀鳳酒造場「秀鳳 特別純米 超辛口+10」【9】

お米と水が神様からの恵みならば、それらから造られるお酒も、とうぜん神様からの恵みの賜物になるわけです。本来、人は、食べ物も飲み物も、生活用品も、家も、町も、エネルギーなんかも、すべて神様からの恵みだけでよかったはず。その恵みの中で、やっていればよかったのです。自然に帰れ!神道の心に帰れ!・・・なーんて大きな話しをするつもりはなく、ただただ、「お酒を飲んで楽しい暮らしをしましょう」ってことを言いたいわけです。
「年間100銘柄を目指して」と副題に書いていますが、本当はそんなことどうでもよくて、何か飲む理由を考えてみただけ・・・。さあ、肩肘はらずに、飲みましょう~!


東京都の緊急事態宣言で思わぬ副産物が手に入りました。


この間、ぼくのリクエストでお酒を入れてくださる蕎麦屋のことを書きました。そのお店に行ったら、「宣言明けまでお酒を提供できない。冷蔵庫にしまっておいても仕方がない」と。「なんなら、持って帰って家で飲めば」と言われ、先月リクエストした飲みかけを瓶ごと格安で引き渡してくださいました。

早速、家に帰ってグビグビ・・・うんめえ~!さすが、わたしがリクエストしたお酒「秀鳳」。本来なら、甘口好きで辛口が苦手なわたしでも十分美味しく飲めます。(今までに飲んだ酒の中で、こちらの造った「ある銘柄」こそ、「この世で一番美味しい液体」だと思っています。なかなか店頭でお目にかかれませんが、いつか書くときがくるでしょう。そのときが楽しみです。)


黄金週間の期間中、じっくり味わって飲みたいと思います。