天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

夏の終わり

 

 日中は酷暑が続き、セミの鳴き声もやかましい限りですが、夜になると秋の虫の鳴き声も聞こえてくるようになりました。毎年繰り返される「攻め込む秋と、居座ろうとする夏とのせめぎあい」がバチバチおこなわれているようです。

 諸行無常。歴史上、強大だった夏もやがては敗れ去っていくのです。永遠に続くものなど、どこにもないのです。季節の変わり目がそんな意識を思いおこしてくれるのです。

 


ー夏の終わりー


冬の終わりは、春のはじまりにつながり

春の終わりは、夏のはじまりにつながる

どの季節も、その終わりはつぎの季節につながるのに

夏の終わりは、どこにもつながらない、と感じるのはなぜなんだろう・・・

夏の終わりは、終わりであって、どこにもつながらないと感じるのは、なぜなんだろう・・・