天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

「社会人野球日本選手権大会」観戦記

 

世界の富裕層はイベントを求めて一年を同じスケジュールで旅するといいます。
1月はスイスのサンモリッツにスキーへ、5月はモナコにF1観戦へ、7月は夏の日差しを求めて地中海のイビサ島へ、8月にはオーストリアザルツブルク音楽祭を観賞へ、というように。これを「ハイライフカレンダー」というのだそうです。
これと同じように、わが国のアマチュア野球界にもハイライフカレンダーがあるのをご存じでしょうか?4月は東京六大学野球観戦に神宮球場へ、7月は都市対抗野球を観戦に東京ドームへ、8月は高校野球を観戦に甲子園へ、11月には明治神宮野球大会を観戦に再び神宮球場へ旅することをいいます。
日本人にとってみれば、こちらのほうがよっぽど贅沢な旅ではないでしょうか?少なくとも、ぼくにはそう思えて仕方ありません。
さあ、最高の贅沢を求めて、「アマチュア野球界のハイライフカレンダー」に沿って出発です❗ 

 

この三連休は、大阪で繰り広げられている「国民的関心の高いとあるスポーツの祭典」を観戦に向かいました。おそらく、みなさんの職場や家庭では「JFE東日本の夏秋連覇で決まりだよね」とか「日本生命の強力打線が火を噴くんじゃないか」とか「東芝・宮川の剛速球を観たい」とかの話題でもちきりだと思われます(妄想)。

そう、言わずもがな、その国民的スポーツの祭典とは「社会人野球日本選手権大会」になります(はげしく妄想中)。

「アマチュア野球ハイライフカレンダーの旅」も残すところ、あとわずか。この三連休は、「社会人野球日本選手権大会」を観戦に「京セラドーム大阪」へ旅してきました。

 

 

じつは、こちらへ旅するのは初めて。わくわくしながらドーム内に入ると、目の前に広がっていたのは・・・、

青いプラスチックをパコパコはめて作った安物のプラモデルのような館内・・・。よくプロ野球のニュースなんかで、最上階にホームランが打ち込まれるシーンを観るのですが、それも納得の箱庭のような小ささ・・・。

f:id:akira-kami:20191102122630j:plain

 

東京ドームで開催される都市対抗野球大会のような応援の熱気を期待していると、誰もいない外野席に、ガラガラの応援席・・・。

 f:id:akira-kami:20191102123142j:plain

 

・・・ま、まあ、それだけ選手を近い距離で観られるということですし、手弁当でかけつけた職場関係者による応援も心あたたかくなるものですよ。そう気を取り直して観戦してみると、さすがアマチュア野球界の最高峰を決める大会だけあって、しびれる試合が続きました。

 

そして、神宮球場東京六大学野球で観てきた選手たちの、その後の元気な姿も。だいたい、プロ野球選手にならないと世間では忘れられるものですが、みんな、それぞれの場所で頑張っているようです。うれしいですねー。

 

<おー

f:id:akira-kami:20191103150925j:plain

 

<おーおー

f:id:akira-kami:20191103151853j:plain

 

<ここにも

f:id:akira-kami:20191103153611j:plain

 

<いた、いた

f:id:akira-kami:20191103155614j:plain

 

<いたよねー

f:id:akira-kami:20191103150403j:plain

 

<がんばってんなー

f:id:akira-kami:20191103145651j:plain

 

・・・さらに!東京ドームや甲子園で見かけるおっちゃんたち何人かが観客席にいました。ハイライフカレンダーの旅をやっているのは、どうやら、ぼくだけでないようです。みなさん、それぞれの思いで「最高の贅沢な旅」をやられているようです。その姿にもうれしくなりました。