天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

次男坊「栗助」登場(?)

 

縄文時代から主食として、住居資材として、わが国の生活文化の中心にいた栗ー。

松本駅のお土産売場で、そんな栗の形をしたキーホルダーを買いました。それに栗太」と名前をつけ、1年半後に買った栗を「栗子」と名づけました。そこでふと企画を思いつきました。毎年、一個づつ買っていき、男女順に「栗助」「栗美」「栗吉」「栗代」~と名前をつけて「栗兄妹」を結成するというものです。

年月を経ると、ツヤがどんどん深まっていくので、100年、400年も経てば、どれだけ「深いツヤ」になるのか?その時こそ、わたしが提唱する「かわいいさび」の思想が最高の形となって現れてくるでしょう。

でも、それを目にすることができるのは、何代も先の後世の人たち。わたしが生きている間に、目にすることはできません。たかだか100年前後しか生きられない人間でいることに儚さを感じてしまいます・・・。

 

 

しばらく松本駅に行けていません。年一回行って、駅ビル内にあるお土産屋で栗キーホルダーを購入し、「栗兄妹を結成します」と掲げてきたのに・・・。

そこでー、その代わりに金沢駅でちょうどいいやつを見つけたので、次男坊「栗助」とします。

 

はい、これですー、

 

<びっクリ♪

 

なーんてね。

これは、森八の「栗入最中」です。年内は無理そうなので、ぜひ来年は行ってみたいですね。