天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

パワースポット(1)穴八幡宮・再訪

 

パワースポット! 

パワースポ ッター!!
パワースポッテスト!!!
より強いパワースポットを求めて全国を旅します!

 

パワースポットとは何か?
ウェブを見れば、それこそ風水師、占い師、スピリチュアル・カウンセラー、パワースポット・マニア・・・等、さまざまな立場の方が独自の定義をもっておられるようです。
このわたしも定義をもっていて、その定義は「与えられた限りある命を、精一杯生きていく上で、そのエネルギーを充電できる場所」というもの。具体的には、「こめかみ辺りに、キーンという痛みがくる場所」を指します。この感覚はわたし独自のものであり、ほかに聞いたことがないのですが、その能力にはかなり自信をもっているのです。
そんな(自称)第一級パワースポット鑑定士が「年間100ヵ所」を目指してパワースポット巡りをおこないます!

 

 

この日は、大切なお仕事があって早稲田へ。時間まで少しあったので、大変思い出深い とある神社で、成功祈願することにしました。こちら、「穴八幡宮」です。なぜ、「思い出深い」かというと、こちらこそ「パワースポット巡り」の記念すべき(1)回だからです。この企画も、先日ついに(900)回の大台までいきました。ここがその出発点なのです。あれから、11年も経つんですね。早いものです。

 

鳥居をくぐると、ここで、参拝客が立ち止まってスマホ撮影していました。なるほど、赤い総門と緑の木々、急角度な石段が美しく配置され絵葉書のような画像が撮れるからでしょう。

服装の雰囲気からして、占い師のような年配女性が何人か見受けられました。そっち系に人気のある神社みたいです。

 

拝殿は真っ黒で勇ましい雰囲気があります。実際、パワーもすごくて「パワースポット特有のこめかみ辺りにキーンとくる痛み」を放っています。

 

そして、何といってもこちら。(1)回でとりあげた石碑です。碑誌を読むと、「非行に陥ったり、犯罪者となった者を更生させるため挺身された、保護司の功績を鎮仰する石碑」だそうです。その心や信念がここに留まり、強いパワーとなっている気がしてなりません。

 

ほかにも強く痛みがくる場所がありました。石段を下りていき、

 

この公園に至る道です。隣接するお寺にも、何か関係があるのかもしれません。

 

来てよかったと思える成果がでました。よかった、よかった~

 

 

【旧ブログより】

 

パワースポット巡り(1)穴八幡宮  2011/11/13

 

ねむい、つかれた、運が悪い・・・こういう日には、エネルギーを補給するためにパワースポットへ行くしかありません。しかし、よく人にパワースポットだと紹介する割には、パワースポットの定義がなんだかよくわかっていません。ある人から「こうやまさんの言う『パワースポット』って、『心霊スポット』とどう違うんですか?」と突っこまれても何も答えられませんでした・・・。

でも、あきらかに地面から熱いエネルギーがドクドクあふれだしている場所ってあるのです。それを浴びると全身にエネルギーがチャージされたように感じられる場所がです。そこで、「パワースポット」というカテゴリーを作ってみました。ぼくがそう感じる場所をピックアップしていきます。

では、まず第1回目は早稲田にある「穴八幡宮」の、階段を上がったところの、左側にある、この「石碑」を紹介します。ぼくの言うパワースポットは「かなり範囲が狭い」のです。写真を写すにあたり、あらかじめ清掃のオバちゃんに、お墓ですか?と聞いてみたところ、違うわよ〜と笑っていたので安心して撮ってみました。どうも新宿区の社会福祉に尽力した方を讃える石碑のようです。

 

でも、「なぜ、ここからエネルギーが湧きでているのか?」まではわからないのですよ。