天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

登山靴を履く意味

 

登山靴は

生きて帰ってくるものの象徴であり、

わたしが街中でそれを履くのは、

災害に遭って、どんな困難な状況に陥っても

必ず生きて帰るという強い意志の表明なのである

 

 

30年以内にくるのではないか?と言われている災害たち、南海トラフ地震、首都直下型地震、富士山大噴火・・・わたしはもっと悲観していまして、年内にまとめて起こるのでは?と考えています。なので、自宅に飲み水、食料を保存しているのは勿論のこと、電車内、勤務先、旅行中、どこで起こっても歩いて帰れるように常に登山靴を履いています。これで、とりあえず足元は安心できるでしょう。

 

 

しかし、これを履いてザックを背負って電車に乗ると、へんにプライドが湧いてきて、席が空いても座れなくなるという弊害も・・・。人間の心は複雑なのです。

つねに臨戦態勢をとっているノコギリ丸。頼もしい限りです。ま、出動しないに越したことはないんですけどね。