天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

運命のタヌキ(かも?)

 

ちょっと空を見上げるだけで

すこし耳を傾けるだけで気づく

豊かな世界「野鳥の世界」

それに気づいて生きるのと

気づかないで生きるのとでは

まるで豊かさの違う

人生になりそうです

 

パワースポット巡りをしていると、よく野鳥を見かけます。最初はおまけとして撮っていましたが、思い入れが日増しに強くなっていき、ついにカテゴリーを設けることにしました。

野鳥の生態はど素人、愛機はもうすぐにでも寿命が尽き果てそうなボロボロのデジカメ・・・。そんな低装備なわたくしですが、「かわいい野鳥を見たい」の一心だけで全国を探索していきます。実際の野鳥は、われわれ人間などには、はるかに及ばない過酷な一生をおくっているのですけどね・・・。

まあ、いいじゃないですか。かわいい野鳥を探して見つけることができれば、かわいいものを見たときに溢れる「幸せ脳内物質」に満たされ、幸せな日常をおくれるのですから。

そう、「野鳥」探しは「幸せ」探しに他ならないのです。「毎日が楽しくない、幸せを感じられない」という人には、ぜひオススメします!

 

 

事前の天気予報は雨。濡れながらの観戦はいやだったので、今日は神宮球場に行かず、おとなしく近くを散策することにしました(結局、雨は降りませんでしたけど)。

 

とくにあてもなく、関戸橋を渡り、聖蹟桜ヶ丘駅周辺をぶらついていると、あちこちで飛び交うツバメの夫婦を見ました。マンションの軒先に作りかけの巣があったりして、そういう季節になったのを実感しました。

f:id:akira-kami:20220417093126j:plain

 

f:id:akira-kami:20220417095857j:plain

 

f:id:akira-kami:20220417095923j:plain



一宮交差点を左に曲がり、野猿街道に入る丘陵で、盛んにウグイスが鳴いていました。ウグイスの鳴き声と飛び交うツバメに占領されてしまったようです。2月に散策したときは、メジロシジュウカラがたくさん見られた一帯ですが、攻守交替、すっかり陣容が変わっていました。

・・・あと、遠目にですが、枝から糸を垂らして空中でクネクネしているイモたん(芋虫)を見ました。今年初めてになります。ああ、もう雑木林には入れない季節になったのですね。何度も書いていますが、やつらのおぞましい姿を見ると、心臓が破裂しそうになるぐらい恐怖を感じるのです。

とは言え、やつらがいてこそ、わたしの大好きな野鳥たちが命をつなぐのです。おぞましいとは言え、やつらも「神様からもたらされた自然の恵みの一つ」と考えるべきなんでしょう。

f:id:akira-kami:20220417100646j:plain

 

 

また、春になって冬には見かけなかった生き物たちが、いっせいに動きだしたようです。

 

ハチや

f:id:akira-kami:20220417103304j:plain

 

テントウムシ

f:id:akira-kami:20220417104007j:plain

 

別のテントウムシも、

f:id:akira-kami:20220417104140j:plain

 

さらにネコも、

f:id:akira-kami:20220417111812j:plain

 

・・・あれ、なんか変だぞ?

これってネコ?・・・タヌキだな(苦笑)

f:id:akira-kami:20220417111859j:plain

 

初めて見た野生のタヌキにちょっと感動しつつ、また聖蹟桜ヶ丘まで戻りました。京王アートマン(生活雑貨専門店)を回って、帰りがけに文房具売り場の前を通ったら、突然、呼び止められるように目に入ったイラストがありました。そこに置かれていたのは、タヌキの顔を描いたイラストと万年筆。なんと、「多摩丘陵に棲んでいるタヌキをモチーフにした聖蹟桜ヶ丘店オリジナルのセーラー万年筆」というではありませんか。

おおおっ!初めて野生のタヌキを見た帰りに、そのタヌキの万年筆と出会うとは!!これは偶然を超えているんじゃないですか!?どう考えても運命の結びつきでしょう?

灰色と茶色のまったく魅力的でない色の組み合わせと、3万3000円という高額なお値段が気にはなりますが、うーん、どうしようかなあ・・・。この間、誕生日だったので、自分への誕生日プレゼントにしてもいいし・・・。少し考えてから決断しようと思います。

 

 

<つづく>