天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

パワースポット密集地帯「武蔵小金井駅周辺」③ 【旧ブログより】

 

パワースポット! 

パワースポ ッター!!
パワースポッテスト!!!
より強いパワースポットを求めて全国を旅します!

 

パワースポットとは何か?
ウェブを見れば、それこそ風水師、占い師、スピリチュアル・カウンセラー、パワースポット・マニア・・・等、さまざまな立場の方が独自の定義をもっておられるようです。
このわたしも定義をもっていて、その定義は「与えられた限りある命を、精一杯生きていく上で、そのエネルギーを充電できる場所」というもの。具体的には、「こめかみ辺りに、キーンという痛みがくる場所」を指します。この感覚はわたし独自のものであり、ほかに聞いたことがないのですが、その能力にはかなり自信をもっているのです。
そんな(自称)第一級パワースポット鑑定士が「年間100ヵ所」を目指してパワースポット巡りをおこないます。

 

 先日の日記「パワースポット巡り(804)小金井経済センター跡地」で「武蔵小金井駅周辺が強力なパワースポット地帯」であると書きました。そんな周辺パワースポットを旧ブログから引っ張ってきて貼っておきます。

 

 

パワースポット(415)八重垣稲荷神社 2017/04/14

 

 最近、けっこうな勢いでパワースポット巡りをやっています。それというのも、少々あせっているからです。春の訪れとともに、もうすぐ「イモタン」と「ケムタン」が姿を現すからです。とくに、山にある神社や木々が生い茂った神社には、かなりの確率でイモタンとケムタンが現れるのです。
 ぼくにとって、「イモタン(芋虫)」と「ケムタン(毛虫)」はこの世で一番醜い生き物であり、もう目にした瞬間心臓が止まりそうになるほど嫌な存在なのです。なので、やつらが出てくる前に、できるだけ巡ってみて、ひと段落つけたいと考えているのですよ。

 


 それにしても、今年に入っての「超強力パワースポットとの遭遇率の高さ」は何なんでしょうか?パワースポット巡りを重ねているうちに、すっかり「パワースポット体質」になったというか、まるで呼び寄せられるように遭遇するようになりました。
 で、この日もまた、地元のわりと近くで「超絶パワースポット」に遭遇してしまいました。中央線武蔵小金井駅を降りて、左手に進み「農工大通り」を歩いていると、突然、すさまじい気を振りまいている神社がありました。COCOバスのバス停にもなっている「八重垣稲荷神社」です。

 


 一歩境内に足を踏み入れると、そこは異質な世界でした。あちらこちらに漫画のようなキツネの絵があったり、宮司さんの手書きの説明があったり、ふつうの神社と比べて異質なのです。そして、そこには、まるで人を殺す気かっ!と言いたくなるようなパワーが充満していて、ミリ・ミリ・ミリと頭が締めつけられ、割れるように痛いのです。






 


 強烈な個性があるので、合う合わないがあるかもしれません。しかし、その強さに限っていえば、全国的にも最上位の「超絶パワースポット」級と言えるでしょう。先週の「冨士御室浅間神社」に続いて、とてつもないパワースポットに遭遇することができました。

 

《つづく》