天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

パワースポット密集地帯「武蔵小金井駅周辺」① 【旧ブログより】

 

パワースポット! 

パワースポ ッター!!
パワースポッテスト!!!
より強いパワースポットを求めて全国を旅します!

 

パワースポットとは何か?
ウェブを見れば、それこそ風水師、占い師、スピリチュアル・カウンセラー、パワースポット・マニア・・・等、さまざまな立場の方が独自の定義をもっておられるようです。
このわたしも定義をもっていて、その定義は「与えられた限りある命を、精一杯生きていく上で、そのエネルギーを充電できる場所」というもの。具体的には、「こめかみ辺りに、キーンという痛みがくる場所」を指します。この感覚はわたし独自のものであり、ほかに聞いたことがないのですが、その能力にはかなり自信をもっているのです。
そんな(自称)第一級パワースポット鑑定士が「年間100ヵ所」を目指してパワースポット巡りをおこないます。

 

 昨日の「『小金井経済センター跡地』パワースポット巡り」で「武蔵小金井駅周辺が強力なパワースポット地帯」であると書きました。そんな周辺パワースポットを旧ブログから貼っておきます。

 

 

 パワースポット巡り(222)稲穂神社 2015/02/11

 

今日は建国記念の日ああー、建国の日になんで奈良にいないんだろう。なんで、建国の現場にいないんだろう。来年は絶対に奈良に行くぞー!・・・と心に決めた一日でした。

  

 奈良の神社には行けませんでしたが、その代わりに東京のすてきな神社に行ってきました。武蔵小金井にある「稲穂神社」です。
 年々、「お米の消費量が落ち込んでいる」と聞きます。「日本人はお米を食べなきゃ終わりだ」と思っています。日本人はお米を食べないと、精神のバランスを崩すように出来ているのです。あちこちで猟奇的な事件が起きていますが、そういうことをする奴はパン食なのです(いいすぎかな・・・苦笑)。
 お米が食べられなくなったことを憂慮していたら、武蔵小金井に「稲穂」神社という、まさにお米を名前にしている神社があること知りました。やっぱり建国記念日という特別な意味のある日には、そういう神社へ参拝したくなるものです。そこで、府中駅からバスに乗って武蔵小金井へ向かいました。 


 さあ、稲穂神社に着きました。さほど大きい境内ではありませんが、穏やかな「パワースポット特有のこめかみ辺りにキーンとくる痛み」を感じます。

 
 パワーが一番強いのは拝殿の右奥にある稲荷社でした。ここだけは穏やかでなく、「かなりきつくキーン」ときます。「これからも、日本人の間で、お米が食べられますように」と祈って、ぱん、ぱん!としました。

 

  

 帰りの道中、なんだか、真っ白いご飯を納豆で食べたくなりました。というわけで、すき家に駆け込んで納豆定食を食べました。やっぱり、お米はおいしいなあー

 

 

《つづく》