天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

パワースポット巡り(700)記念 武蔵御嶽神社 【前編】

パワースポット!

パワースポッター!!

パワースポッテスト!!!

より強いパワースポットを求めて全国を旅します!

 

パワースポットとは何か?

ウェブを見れば、それこそ風水師、占い師、スピリチュアル・カウンセラー、パワースポット・マニア・・・らが、さまざまな立場の方が独自の定義をもっておられるようです。

このわたしも定義をもっていて、その定義は「与えられた限りある命を、せいっぱい生きていく上で、そのエネルギーを充電できる場所」というもの。具体的には、「こめかみ辺りに、キーンという痛みがくる場所」を指します。この感覚はわたし独自のものであり、ほかに聞いたことがないのですが、その能力にはかなり自信をもっているのです。

そんな(自称)第一級パワースポット鑑定士が「年間100ヵ所」を目指してパワースポット巡りをおこないます。

 

 

前世ヤマトタケルだったとき(妄想)、山道で迷ったぼくを助けてくれたオオカミに、
2000年ぶりに会ってきましたー! 

 

さて、前回でパワースポット巡りも(699)となり、つぎが大台の(700)になります。「関東総鎮守」「国家鎮護」「世界遺産」「日本最高の聖域の一つ」・・・これまで大台の回には、その記念に相応しい大御所を巡ってきました。

 

(100) 大山阿夫利神社・下社 2013/02/11

(200) 石清水八幡宮  2014/05/25

(300) 日光東照宮  2016/04/23

(400) 北口本宮富士浅間神社 2017/03/20

(500) 榛名神社  2018/01/30

(600) 雄山神社 2019/01/04

 

つぎの(700)も、これまでと同じ格式をもつ大御所でなければならないのは言うまでもありません。そうなると、行先はかなり絞られていきます。

そこで目をつけたのが、東京の果て、青梅の山頂に鎮座する「武蔵御嶽(みたけ)神社」。山岳修験道の聖地として有名ですが、「わたしが前世ヤマトタケルだったころ(妄想)、御岳山の山道で迷っていたときに、正しい道へと導いてくれたオオカミを祭っている」とても縁深い神社になります。

ひさしぶりに(2000年ぶりかな)そのオオカミに会ってくるのも企画的に面白いでしょう。というわけで、この日(11日)に武蔵御嶽神社へ巡って参りました!

 

 まずは、JR南武線に乗り、奥多摩の玄関口・JR立川駅まで。そこから、青梅線に乗り換えて御嶽駅まで行きます。参拝者で超満員を予想していたのに、青梅線内はこのようにガラガラ。車両に乗っているのはわたし一人という寂しい状態でした。武蔵御嶽神社っていったら、この業界ではビックネームのはず。そんな人気の無い神社だったのか、と拍子抜けに・・・。 

 f:id:akira-kami:20200211083429j:plain

 

 ところが、御嶽駅に着いて、バス停で待っていたら、くるわくるわ。どこに隠れていたのやら、ゾロゾロと参拝者がやってきて、長蛇の列に。

そこから、ぎゅうぎゅう詰めになって10分ほど。バス停「ケーブル下」に着きました。しばらく歩いていくとー、

 f:id:akira-kami:20200211092040j:plain

 

 ケーブルカーに乗るか、登山道を足で行くかの分かれ道にきました。もちろん、登山・・・じゃなかった、登拝の道を選びました。 

f:id:akira-kami:20200211092509j:plain

 

 「一歩一歩、自分の足で聖域を踏みしめながら、心を浄化させていくぞ!」と意気込んでみたものの、これが、けっこうな急勾配で5分もしないうちに汗はダラダラ、息は上がって、ひーひー状態に。 

f:id:akira-kami:20200211092728j:plain

 

 すぐに、場所が場所なら、磐座あつかいされていたと思われる巨石が。さすが聖域、これから上のほうにもあるのでしょう。期待がもてます。ひーひー・・・

f:id:akira-kami:20200211093102j:plain

 

 日が照ってきて美しい光景が。でも、急こう配が続き、ますます大粒の汗が流れ、息が上がってきます。逆に、この美しさが残酷なものに見えてきました。人間の心の機微ってやつですかね。はーはー・・・

 f:id:akira-kami:20200211093506j:plain

 

 場所が場所なら、ご神木あつかいされていたであろう巨木。むき出しの根っこがすさまじいです。ぜーぜー・・・

f:id:akira-kami:20200211093639j:plain

 

 祠やお地蔵さんが並んでいる!遠目では、そのように見えましたが、近くまで来ると、防災用のフェンスでした(苦笑)ついに、疲れが目にきて、幻覚が見えるようになったか。もうだめかも・・・

 f:id:akira-kami:20200211093824j:plain

 

「ガンバレー、ガンバレー」

 聖なる山でよく見かける積石が、そんなわたしを応援しているかのようにありました。かわいい声援に、勇気づけられます。 

f:id:akira-kami:20200211094121j:plain

 

 すると、静寂を切り裂き、ゴゴゴー!という機械音が聞こえたと思ったら、横からケーブルカーがやってきて、あっさり抜いていきました。

「むかしの人はここを切り開いて、その足で登っていったんだよ」「現代のおれもそんな人たちにあやかろうと真摯な気持ちで登っているのに・・・ちきしょー、負けてたまるか!」聖域が汚されたように思えて、文明の利器に競争を挑みます。 

f:id:akira-kami:20200211094813j:plain

 

 しかし、ピッチを上げたら、ますますつらくなってきた。もう、息も絶え絶え・・・

 f:id:akira-kami:20200211102114j:plain

 

次の発車の文明の利器が頭上を涼し気に追い越していきました。こりゃあ負けだ。日頃の運動不足による体力低下に加え、謎の競争心から、無駄な体力を使ってしまい、おおいに反省。とっても、つらく・・・はーはー・・・

f:id:akira-kami:20200211100428j:plain

 

 一時間ほどかかって、ようやく頂上に到着しました。もー、死にそー。すると、眼前には開けた集落が。・・・えっ、なんでこんな辺鄙なところに人が住んでいるの!?と不思議に思いました。どうやら、そのほとんどが宿坊のようです。現代でも各地からやってくる講があって、修験の聖域という伝統が生きているようでした。しばらく、その中を進んでいきます。

 f:id:akira-kami:20200211103027j:plain

 

 途中、前世ヤマトタケルだったときに植えた「神代欅」にひさしぶりに再会。写メを撮っていたら、なんと、残雪に足をとられて激しく転倒!でも、周りにあまり人がいなくて、恥ずかしい場面は見られていないようでした。ああ、よかった、気をつけようっと~

 f:id:akira-kami:20200211103915j:plain

 

 さあ、ようやく着きました。武蔵御嶽神社です。武蔵も御嶽も画数が多くて、強そうな感じ。

あのときのオオカミよ、待っていろよ~ 

f:id:akira-kami:20200211104325j:plain

 

 境内でも、これまでのように登山状態でした。さすが山岳信仰の神社。かなりの段数をしっかり一歩づつ登っていきます。

オオカミはどこにいるのかなあ~

 

f:id:akira-kami:20200211104642j:plain

 

 ぷるぷる・・・手を震わせながら、重いベンチを支えてくれてるワンちゃんら。申し訳なくて座る気になれません(苦笑) 

f:id:akira-kami:20200211104853j:plain

 

 芸が細かいなあ(笑)石段の途中で顔をのぞかせる鬼。「このやろー」って、つま先で蹴るという惨いことをしてやったら・・・後で聞いたところによると、それが正解だったみたい。天邪鬼を踏んで、邪気を退散させるという趣旨らしいです。 

f:id:akira-kami:20200211114829j:plain

 

ようやく、 拝殿まで来ました。澄み切った青空に、真っ赤な建物がよく映えます。「パワースポット巡りも、ついに700か所目になりました。これからも、あたたかい目で、ときには厳しい目で見守っていてください」と念入りに頭を下げ、ぱん!ぱん!としました。 

f:id:akira-kami:20200211105129j:plain

 

拝殿から見える景色はこんな感じです。これを見れば、かなり登ってきたことがわかるでしょう。

f:id:akira-kami:20200211115219j:plain

 

 いったん降りて、近くの蕎麦屋にて、名物の「くるみ蕎麦」をいただきました。そこでしばらく休憩してから、オオカミ探しに拝殿裏へ。この裏一帯に「パワースポット特有のこめかみ辺りにキーンとくる痛み」が充満しています。

f:id:akira-kami:20200211105609j:plain

 

 摂社が密集していて、強力地帯になっていました。

とくに、「常磐堅磐社」

f:id:akira-kami:20200211105700j:plain

 

 「神明社

f:id:akira-kami:20200211105638j:plain

 

「奥宮遥拝所」辺りからきました。

遥拝所というからには、あの高い山に奥宮があるのでしょう。そうとう険しそう・・・んー、またの機会に(苦笑)ぱん!ぱん!っと。

f:id:akira-kami:20200211105908j:plain

 

 そして、そして、オオカミを祭っている「大口真神社」がありました。

ここでしょう~

f:id:akira-kami:20200211105826j:plain

 

 ・・・さあ、ついに再会のときが

 

<お~い、ひさしぶり、元気にしてたあ~。あのときは助かったよ~

 

オオカミ<ウオオオーーン!(ひさしぶりっすね!道に迷ってないか、心配っすよ~)

くたニャン<ニャオオオーーン!(いまは、その役目を、このくたニャンがやってるから大丈夫。安心しててニャン♪)

f:id:akira-kami:20200211110302j:plain

 

ほんと、なつかしい気持ちでいっぱいになりました。方向音痴なのは、現世でもかわらず。でも、今は、くたニャンが導いてくれるから大丈夫でしょう。

また、いつかの機会でいっしょに働きたいなあ~

 

 

《中編へつづく》