天才詩人こうやまあきらのブログ!

パワースポット巡り100ヶ所、野球観戦100試合、日本酒100銘柄の年間トリプル100を目指して

かつてあった尾張名古屋の領主「丸栄本店」

 

地方へ出張したり、旅行したりするとき、よく地方百貨店を見にいきます。
県庁所在地の一等地に、ドーンと構える本店を見上げると、まるでお城の天守閣を観光しているような気分になるからです。つい、一地方を領国として支配する「戦国大名」へ、イメージを重ねてしまうのです。
また、その多くが一時の隆盛が終わり、斜陽産業として風前の灯と化しています。そこに、「滅びの美学」を見出だしてしまったりもするのです。時代の移り変わりにより、やがて消えてなくなっていく運命に、たまらなく心ひかれてしまうのです(すんません、まだそう決まったわけじゃないけど)。
一時期、買い物をして紙袋を集めようとしたことがありました。でも、できませんでした。だって、買いたいものが全然無いから・・・あ、だから斜陽産業なんですね(おっと、しつれい!)。
・・・ まあ、そんなこんなで、できるだけ寄った際は写真に撮っています。ただ残念なことに、店内の情景を撮るのは、さすがに憚れます。なので外観だけでもお楽しみいただければと思います。

 

 

尾張徳川家が名古屋に居城して初代になったのと同じ年に始まった超老舗・丸栄。昨年、その400年に渡る歴史に幕を閉じたときは、ずいぶん悔しい思いをしたものです。ただ、全盛期を過ぎ晩年と化したこの店に通ったときには、すでに老舗高級店の面影を見出すことができませんでした。家電量販店を入れたり、テコ入れして(迷走して)、よくある地方百貨店になって(なり下がって)いました。非日常感がまったく感じられませんでした。

われわれ利用者に、経営の裏側はわかりません。もちろん多大な努力はしているのでしょうが、首を傾げてしまうような方向転換が多いのも事実・・・。百貨店は夢を売る商売だということを忘れないでほしいものです。

 

<  解体工事中の痛ましい姿になっていました

f:id:akira-kami:20191031093903j:plain